未来の水耕盆栽のカタチ

養液(水耕)栽培は、土を使わず、さらに栽培環境を人工で管理するので、土耕栽培よりも栽培条件(例えば“場所”など)の縛りがずっと少なくなります。

しかし、それでも養液栽培のDFT(湛液型水耕)やNFT(薄膜水耕)などの施設は、ある程度の“場所”が必要になってしまうと思います。

そこで、予測した「未来の養液栽培のカタチ」を只今、実験しています!

IMG_1331
盆栽の水耕栽培(未来系)

従来の流水系の水耕装置を使用せずに、直接、養液をチューブで樹木の道管に打ち込んで、水分と養分を補給してあげる方法です。

まずは土耕栽培の盆栽に、チューブを打ち込んだ実験。(土に水は一切与えません)

IMG_1337
土あり(道管に直接打ち込み)

IMG_1340

続いては、土を完全に取り除いた状態での実験。

IMG_1338
土なし(道管に直接打ち込み)

IMG_1339

イメージしたのは、東京大学人工心臓室で、人口心臓を埋め込まれている「アンドロイドヤギ」です。

droppedImage_1.png
東京大学人工心臓実験室より

 

土を使わず、水で育てる盆栽「AQUA BONSAI」の詳細はホームページから↓

「AQUA BONSAI」のホームページはこちら

AQUA BONSAI Instagram   AQUA BONSAI facebook   AQUA BONSAI Twitter