住宅内覧会で展示

友人の建築家が建てた家の内覧会で、アクア盆栽を飾らせてもらいました。

水耕栽培 盆栽

IMG_9971

IMG_4218

IMG_9275

IMG_7300

IMG_4452

IMG_1488

光の振り注ぐ、素敵なお家でした!

そういえば、日に日に温かくなってきました。いよいよ盆栽の季節です。

次回は、春らしいアクア盆栽の新作シリーズを紹介します。

「AQUA BONSAI」のホームページはこちら

AQUA BONSAI Instagram   AQUA BONSAI facebook   AQUA BONSAI Twitter

 

 

 

盆栽WEBサイトで記事執筆を始めました

盆栽の魅力を日本&世界に発信している盆栽専門WEBサイト「SEKAI BONSAI」で盆栽ライターとして、記事の執筆を始めました。

第1回目は「土を使わないAQUA BONSAI(アクア盆栽)って何?」というタイトルで記事を書きましたので、ご覧ください!記事はこちら↓

「土を使わない『AQUA BONSAI(アクア盆栽)って何?」 

 

「AQUA BONSAI」のホームページはこちら

AQUA BONSAI Instagram   AQUA BONSAI facebook   AQUA BONSAI Twitter

 

斬新な盆栽!?「彫刻盆栽」

 

先週末、上野の国風盆栽展で出かけ、販売所で、梅の盆栽に目が留まりました。

梅の木の枯れた部分(幹)がなんだか動物のように見えてきたので、彫刻刀で削ってみました。

斬新 盆栽
タイトル「春鹿」(梅)
タイトル「春鹿」(梅)

タイトルは「春鹿」。梅の枝を2本、角に見立てました。梅の花がに咲くのがなんだか幻想的です。顔の部分が枯れた部分ですが、ちゃんと生きています。

タイトル「春を待ちわびて」(梅)
タイトル「春を待ちわびて」(梅)

こちらも梅です。上の幹の部分が枯れていたので、老いた鷹をイメージして作りました。左の枝の部分はちゃんと生きていますので、その枝先に梅の花が咲くのをじっと待っている老鳥をイメージしました。

IMG_0648

IMG_0632

IMG_0629

IMG_0640

斬新 盆栽

春の新作をただいま制作中です!

「AQUA BONSAI」のホームページはこちら

AQUA BONSAI Instagram   AQUA BONSAI facebook   AQUA BONSAI Twitter

盆栽をもっとお手軽に!新しい盆栽「アクア盆栽」

盆栽って、なぜ敷居が高いと感じるのでしょうか? 高級そう・・・、毎日の水やりが大変・・・、育て方がわからない・・・。もちろん、本格的に極めようとすれば、技術や目利きなど、覚えることはたくさんあります。でも、植物ですから、もっと気軽に誰でも挑戦していいと思います。四季を感じて、面白いですよ!

新しい 盆栽 変わった 新感覚

そんな想いから誕生したのが、水で育てる盆栽「AQUA BONSAI(アクア盆栽)」です。土を使わないので、室内で育てられ、1週間に1度、専用の栄養剤を入れた水を入れ替えるだけのお手軽さです!今年の春頃より、発売予定です!

「AQUA BONSAI」のホームページはこちら

AQUA BONSAI Instagram   AQUA BONSAI facebook   AQUA BONSAI Twitter

エアレーション仕様のアクア盆栽

エアレーション仕様のアクア盆栽(試験管型)の試作版です。

現在では改良を加え、ガラス作家さんにアクア盆栽専用の試験管を作ってもらっていますので、もっと綺麗なものになる予定です。こうご期待!

「AQUA BONSAI」のホームページはこちら

AQUA BONSAI Instagram   AQUA BONSAI facebook   AQUA BONSAI Twitter

松の水耕栽培は難しい

盆栽の中でも松(黒松、赤松、五葉松)の水耕栽培は比較的難しいです。何年間も問題ないものもあれば、2~3か月で枯れてしまうものもあります。

枯れた始めた松
枯れた始めた松

PHとEC(肥料濃度)との関係もありそうなので、条件を変えて実験をしていますが、まだ未解明な点があります。

松のEC、PH実験
松のEC、PH実験

松(または樹木の水耕栽培)に詳しい方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください!

「AQUA BONSAI」のホームページはこちら

AQUA BONSAI Instagram   AQUA BONSAI facebook   AQUA BONSAI Twitter